【リポドリン成分】1ヶ月で5キロ痩せた理由は配合成分にあった!?

【リポドリン成分】1ヶ月で5キロ痩せた理由は配合成分にあった!?

リポドリン(Lipodrene)といえば

 

  • 脂肪燃焼と食欲を抑えるサポートをしてくれる
  • 過食やダイエットのに効果が期待できる

 

アメリカで人気に火が付き今日本でも話題のダイエットサポート食品です。

 

 

そんなリポドリンですが「短期間で効果が期待できる」って聞くだけで

 

  • 本当に効果が期待できるだけの成分内容なの??
  • 危ない成分は含まれてない??

 

など配合されている成分が気になったりもします。

 

この記事ではリポドリンの配合成分について徹底的に調べて行きたいと思います!

 

リポドリン成分一覧

成分一覧/サーモRXR&エクステンドRx(TM)テクノロジー独自ブレンド:560mg、エフェドラエキス 25mg(葉)、Senegalia Berlandieri エキス(葉)[フェニルエチルアミンアルカロイド 225g 生成、フェニルエチルアミン、メチルシネフリン、N-メチル-B-フェニルエチルアミン、N,N-ジメチルフェネチルアミン]、シネフリン塩酸塩、テオブロミン、緑茶エキス(EGCG 45mg)、テオフィリン、フーディアエキス(サボテン)、カワラケツメイ(苗)、ナリンギン (果実)、6,7 ジヒドロキシベルガモッチン(果実)、5-メトキシトリプタミン塩酸塩、L-5-ヒドロキシトリプトファン、ヨヒンベ塩酸塩、カフェイン(無水) 100mg/その他の成分:ブドウ糖、微結晶セルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸、ステアリン酸Mg、デンプングリコール酸ナトリウム、デンプン、トリアセチン、酸化チタン、FD&C Yellow #5 Lake、シリカ、FD&C Yellow #6 Lake

エフェドラエキス

 

エフェドラとは、麻黄(マオウ)という植物からできる交換神経興奮剤として一般的には風邪薬や気管支拡張剤としても使用されていると言われています。

 

リポドリンには主成分として配合されており神経を興奮させ麻痺させ結果、食欲が抑制され「お腹がすかなくなる」効果が期待できるとされています。

 

ですが、効果が強力な為、中にはめまい、震
え、頭痛、不整脈、覚醒作用、不眠などの症状が現れる方も居るので注意が必要です。

 

(特に心臓・肝臓・腎臓・甲状腺疾患、精神障害、てんかん、高血圧、糖尿病などがある人は使用前にかかりつけのお医者さんに必ず相談するようにしましょう)

 

リポドリンはエフェドラエキスが主成分として配合されているから医薬品扱いになっているくらいエフェドラエキスの取り扱いには注意が必要という事ですね

 

Senegalia Berlandieri エキス

Senegalia Berlandieri エキスには、フェニルエチルアミンアルカロイド 225g、フェニルエチルアミン、メチルシネフリン、N-メチル-B-フェニルエチルアミン、N,N-ジメチルフェネチルアミンが配合されています。

 

フェネチルアミンもエフェドラエキスと同じく、気管支拡張薬や抗うつ薬などに用いられてると言われています。

 

効果としては、食欲低下薬の効果があるとされています。

 

>エフェドラエキスとSenegalia Berlandieri エキスの作用は特に強力とされている為、ダイエット商品として気軽に服用するのではなく、用法、用量を守って使う意識が必要です。

 

シネフリン塩酸塩

 

シネフリン酸塩とは、血管を収縮させ血圧を上昇させる効果や気管支を拡張する効果に加え、減量補助成分として脂肪燃焼効果があると言われています。

 

エフェドラと同じような作用があると言われています。

 

ですが、カフェインなどと一緒に摂取するとめまい、悪寒、頭痛、不整脈などを起こす可能性もあるとされている為、注意が必要な成分としても知られています。

 

テオブロミン

 

テオブロミンとは、カカオなどにも含まれる天然に存在する化合物の一種で、気管支拡張、利尿、興奮作用などがあるとされています。

 

脂肪燃焼に効果が期待できる部分としては、血管を拡張させて血流量を上げ、体温を上昇させる働きがあると言われています。

 

その他にも食欲を抑えあり、リラックス作用があるとも言われています。

 

エフェドラエキスと効果が似ていますが、身体への負担は少ない成分として知られています。

 

緑茶エキス(EGCG 45mg)

 

緑茶エキスには、カフェインが含まれており、覚醒作用を増強させる働きが期待できるとされています。

 

そして、EGCGとはエピガロカテキンガレートといい、強力な抗酸化作用や強力な脂肪燃焼などの効果があると言われています。

 

テオフィリン

 

テオフィリンは、管支拡張剤として気管支喘息の治療薬として使われる事もあると言われています。

 

フーディアエキス(サボテン)

 

フーディアエキスとは、満腹中枢を刺激し、脳を錯覚させ、満腹感を感じさせる食欲抑制作用が期待できる成分と言われています。

 

外国では狩猟に出ても獲物に巡り会えなかった時用に空腹感を抑えるために食していたとされています。

 

カワラケツメイ(苗)

 

カワラケツメイとはマメ科の植物で、お茶として使用される事が多いいカフェインゼロの成分です。

 

ポリフェノールも多く含み、整腸作用や利尿作用、脂肪の吸収を抑える効果があると言われています。

 

(利用作用による血圧を下げる効果も期待できるとされています。)

 

ナリンギン (果実)

 

ナリンギンとは、グレープフルーツなどの果実に含まれるポリフェノールの一種です。

 

食欲抑制や抗酸化や血流改善、抗アレルギー、コレステロール抑制などに効果が期待できると言われています。

 

高血圧の薬と一緒に摂取すると、薬の効能を強くしてしまい結果、血圧降下、心拍数が早くなる副作用を起こす可能性もあるとされている為、飲み合わせの注意も必要です。

 

6,7 ジヒドロキシベルガモッチン

 

6,7 ジヒドロキシベルガモッチンとは、グレープフルーツなどに含まれており、薬を分解する酵素の働きを妨ぎ、薬の血中濃度を高めると言われています。

 

本来は分解されるはずの医薬品がそのまま体内に吸収されることにより結果、薬の効果の増大や副作用のリスクを増加させる可能性もあるとされています。

 

5-メトキシトリプタミン塩酸塩

 

メトキシトリプタミンとは、トリプタミン系薬物の一種で、高揚感、多幸感などの幻覚作用があると言われています。

 

人によっては摂取後1時間ほど吐き気を感じることや下痢になる場合もあるとされています。

 

L-5-ヒドロキシトリプトファン

 

L-5-ヒドロキシトリプトファンとは、うつ病の緩和に効果があるとされ、感情のコントロールや不眠の改善効果も期待できると言われています。

 

さらには、ストレス性過食を防ぎ、食欲を抑える作用があると言われています。

 

人によっては、吐き気や動機、頭痛などを感じる方も居るとされています。

 

ヨヒンベ

 

ヨヒンベ塩酸塩とは、ヨヒンベの樹皮から取るアルカロイドで、脂肪燃焼効果が期待できると言われています。

 

まれにめまいや痙攣(けいれん)を感じる方も居るので注意が必要な成分です。

 

カフェイン(無水) 100mg

 

無水カフェインとは、ねむけ、倦怠感、血管拡張性及び脳圧亢進性頭痛に効果があるとされ、エフェドラの効果を増大させる作用もあると言われています。

 

人によっては、不整脈、虚脱、めまい、眩暈、不眠、などの症状を感じる可能性もあり、胃潰瘍や緑内障、心疾患のある人は服用してはいけいとされています。

 

リポドリン成分まとめ

 

リポドリンの成分を徹底的に調べた結果

 

  • 脂肪燃焼作用や食欲低下作用のあるとされる様々な成分
  • 成分の効果が増大させる成分

 

などが配合されており、かなり強力な効果が期待できるのは間違いありませんでした。

 

ですが、効果が強力な分、用法、用量を守って正しく利用しないと危険な成分も多く含まれている事がわかりました。

 

 

 

 

関連記事

トップへ戻る